ふれなばおちん の意味は?ドラマの前に無料試し読みできます♪

NHKドラマ化決定!!

2016年6月28日スタート「ふれなばおちん」
出演:長谷川京子、成田凌⇒ 無料試し読みはこちら!
※ふれなばおちんで検索が必要です。


 

立場によって視点が違う!

この作品は自分の置かれている立場によって、読む人の視点が変わるお話だと思う!

主婦なら夏目線だろうし、思春期真っ只中の女の子なら娘目線だろうし・・・。

私にはどれにも当て嵌まらない訳ですが(^ω^)ww

でも、少なくとも旦那の気持ちは理解できないな。

 

自分が女だからってのもあるし、奥さんにどんだけのものを求めてんの?って思う。

一生懸命家庭を守って、全力で頑張ってくれてる奥さんに更に「女」であって欲しいとまで望むのは高望み過ぎやしない?

 

まぁ・・・おいおい、それはさすがに手を抜きすぎだろうww・・・っていうシーンは一部あったけどね!?w

家の中ならまだしも、外にまでそれで行っちゃうかっΣヾ(゜∀゜;)!

って突っ込みたくもなったけどww

 

そりゃ綺麗な事に越した事はないよ。そんな余裕があればそうするのは全然アリ。

だけど、朝から家族の為にご飯作って、家族を送り出したらゴミ出しして掃除して洗濯して、夕飯の買い物してあれよあれよと言う間に夕飯作る時間になって、子供達の学校行事の準備まで手伝って。

その上で綺麗に着飾って色気放ってろと?(-△-)

うん、お金さえあればね?家政婦雇ってエステに通って・・・とかできるだろうさ?

 

旦那、君の稼ぎ次第なのだよ^^

ていうかそう言うなら旦那だって、女性陣がキャーキャー騒ぐようなダンディーな紳士でいなさいよ。

同僚の女性に素直に言う事聞いて貰えないような男が何を言うか!

とか悪態づきたくなるよね!w

 

子供が幼い内は女より母親であるべき。旦那だって男より父親であるべき。

それが親の責任ってもんでしょ。

 

夏はすっごい頑張り屋だ!

夏が家事も育児もろくにしないで毎日ゴロゴロしてるんなら話は別よ?

「私ばかりいつもああでこうで・・・。」とかグチグチ愚痴ってるならこれまた話は別よ?

だけど夏はすっごい頑張り屋さん!

 

家族を心から愛して、家族の為に全力でサポートして、自分の事も顧みないで懸命に家族に尽くしてる頑張り屋さん。

しかも嫌味一つこぼさないで、それでいていつでも元気で明るい。

そんな夏が奥さんであり母親であったら家族はいつでも笑っていられるのにね。

 

これがね?がっつりネイルして化粧してブランド品で着飾って、家事も育児もしないで遊び歩いてるような「女」だったらどうすんのよ。

頑張り屋な夏に「女」を求めて他の男に誘惑させようとかしてる旦那に殺意が湧くわ・・・!

無料お試しの部分だけでもそういう部分が垣間見えるので、皆さんも是非一緒にイラッときましょう(゜_゜)ノ

私は全力で家族を愛してる夏が凄く素敵な女性だと思うけどね。

 

 

ドラマが放送されるそうですよ!

何とこの作品がまさかのドラマ化だそうですよ!

これはもう必見ですな・・・ッ!

この作者さん、どうやら超人気ドラマで再放送もしたあの、観月ありさ主演の「斉藤さん」を描いた同じかたの模様なので絶対面白い事間違いなしだね(。>ω<)/

 

「ふれなばおちん」は長谷川京子主演だそうなので、あれだけ綺麗な女優さんがどんな風に夏を演じるのか見ものだなぁ(*^^*)

あ、因みに「ふれなばおちん」って「触れなば落ちん」っていう意味なんだって。

私最初タイトル見た時「ふれな、ばおちん」で区切って読んで「???」ってなってたww

「触れなば、落ちん」か!ややこしやぁ~p(^∀^;)

「触れなば、落ちん」は、男が誘えばスグに応じる女性という意味ですが、夏に当てはまるかどうか、どう解釈するかは自由ですね(=^・^=)

 

 

主人公が、恋をして劇的に変わっていく姿、共感できます。

オンナであることを改めて自覚させてくれる、大人女子にとっては堪らない作品でした。

主人公が、恋をして劇的に変わっていく姿は、とっても共感できますし、私も身なりに気をつけようと意識しました。(=^・^=)

 

漫画本がかさばるので最近は、電子書籍で読んでいますがとっても読みやすいですよ♪

無料試し読みというものがありますので、一度試して見て下さいね。(*^^*)

 

⇒ 無料試し読みはこちら!
  ※「ふれなばおちん」で検索が必要です。

※読んだ感想をコメント頂けると嬉しいです。

 

PCで読む人はこちら!

⇒ eBookJapan サイトへ

 

ふれなばおちん

ふれなばおちん 結末はどうなる?意外なラスト・・・思わず二度見!!

NHKドラマ化決定!!

2016年6月28日スタート「ふれなばおちん」
出演:長谷川京子、成田凌

⇒ 無料試し読みはこちら!
※ふれなばおちんで検索が必要です。


 

ふれなばおちんの結末!だから言わんこっちゃない。

紆余曲折あってとうとう愛し合ってしまった佐伯と夏。

とは言ってもそこに体の関係はなくて、あくまで心が深く繋がっていたというだけ。

 

それでも家族を第一に考えて生きてきた夏にとって、それはとても重大な禁忌。

けど、止められなかった。

 

夏の夫が嫁を誘惑するよう佐伯に依頼したのがそもそもの発端なのに、まさか本当に愛し合ってしまうとは露程にも思っていなかったんだろうね。

結局段々と二人の関係を疑い始めて動揺していく旦那。

ほら見ろだから言わんこっちゃない・・・!

あんな馬鹿な依頼をするからだ!大人しく平和な家庭のままで居れば良かったものを。

 

ドロドロの結末になるかと思いきや

てっきりそのまま、良の母親の様に二人で恋の逃避行でもして、ドロドロの結末を迎えるのか?と思ったんだけど・・・途中夫に疑われるような場面も幾つかあったものの、タイミングが良いというか上手い具合にかわしながら。

予想に反して佐伯も夏も体の関係がないまま二人は終焉に向かう。

 

だけど夏も佐伯も何処かで分かっていたんだと思う。このままじゃいけないんだって。

お互いに強く愛し合っているのは確かだけど、この先に足を踏み込んではいけないって。

それを最終的に後押ししてくれたのが、何と良の母親。

 

あれだけ彼女の事を否定していた夏なのに、実はずっとコンタクトを取っていて。

結局息子の元には戻れなかったけど、同じ状況に陥ってしまった夏の良き相談相手にはなっていたみたい。

佐伯は劇団の関係で沖縄に引っ越す事に。

本来なら彼に付いて行きたいと思うのが自然――なんだけど、夏はそうしなかった。

自分の愛する家族の元に戻る為に、佐伯とお別れする事を決意。

 

そこへ、遂に嗅ぎつけた夏の夫が乱入・・・!

劇団員としても大事な佐伯の顔を殴る、殴る、殴る・・・!

やっぱりドロドロの結末になっちゃうの――・・・!?と思いきや・・・ッ。

旦那め、心から反省するといいっヾ(`ω´#)ノ=3

 

思わず二度見した「ふれなばおちん」のラスト

結果的に事態は終結し、佐伯は沖縄へ、夏は今までと同じ様に家庭へと戻っていったんだけど・・・。

最後の最後で余りに思いがけない展開に、思わず「え?」って二度見した(-_-;)

多分誰も予想できないんじゃなかろうか・・・いや、何処にも予想できる要素なんかなかったよね!?

衝撃的過ぎる・・・恐らく読んだ人全員が思わず「え?」ってなるだろうし、二度見すると思うラストです(-o-;)

 

 

主人公が、恋をして劇的に変わっていく姿、共感できます。

オンナであることを改めて自覚させてくれる、大人女子にとっては堪らない作品でした。

主人公が、恋をして劇的に変わっていく姿は、とっても共感できますし、私も身なりに気をつけようと意識しました。(=^・^=)

 

漫画本がかさばるので最近は、電子書籍で読んでいますがとっても読みやすいですよ♪

無料試し読みというものがありますので、一度試して見て下さいね。(*^^*)

 

⇒ 無料試し読みはこちら!
  ※「ふれなばおちん」で検索が必要です。

※読んだ感想をコメント頂けると嬉しいです。

 

PCで読む人はこちら!

⇒ eBookJapan サイトへ

 

ふれなばおちん

ふれなばおちん ネタバレ感想。ああ、読めば読む程旦那と娘にイライラしちゃう・・・ww

NHKドラマ化決定!!

2016年6月28日スタート「ふれなばおちん」
出演:長谷川京子、成田凌⇒ 無料試し読みはこちら!
※ふれなばおちんで検索が必要です。


 

娘に腹が立つのは私だけ?

娘の優美香に本当腹が立った・・・!

思春期なのはまだいい。反抗したくなるのも分かる。

けど、幼馴染みの良の母親が若い男と不倫して出て行った事を夏は「愛する家族を置いて他の男と出ていくなんて考えられない、有り得ない。」って否定してるのに、

――良の母親は綺麗だからアリかな。

――そんな見てくれじゃ絶対味わえない世界だよね。

――(良の)かーさんくらいに色気づいたらちょっと見直しちゃうかも。

 

とか・・・!馬鹿な事言ってんじゃないよ・・・ッ!と、私が何故か親の気持ちになって娘の頬を引っ叩きたくなりましてですね・・・。

 

夏も反論して旦那と息子の良がどんなに辛い気持ちでいるか訴えてたけど、全く以てその通り。

母である前に女でありたい良の母親と、女であるより母でありたい夏。

娘は当然未婚な訳だから、母より女の考え方なんだろうさ?

絶対に相容れないし分かり合えないだろうけど、だからと言って家族を懸命に守ってる夏に対してそんな身勝手な事を言う娘は許せないぞ・・・!

 

これで夏が家事も育児もろくにしないでゴロゴロしてるだけならまだしも、それに毎日忙しなく動いてる事だって我慢してるんじゃなくて、愛する家族が健康で元気で居られますようにって、そう思いながら夏は明るく元気に頑張ってるんだよ。

じゃあ何か?家事も育児も放っておいてばっちり綺麗に着飾って、君らを置いて若い男と出てきゃいいのか?

ん?と突っ込もうとしたら、良が先に諌めてくれたΣd(`ω´)

 

そうだよね、やっぱり。

他人だからそうやって勝手な事が言えるのであって、当事者からしたらこんなに辛い事ないよ。

読んでて娘に凄く一喝してやりたくなったのは私だけじゃないはず。

 

 

佐伯に誘惑させようとした旦那

もうね、旦那はアホですかと。

旦那の会社に派遣されてきた佐伯って男。

若くて爽やかで気の回るイイ男・・・らしいんだけど、あろう事か夏の旦那はその佐伯に、「うちの嫁を誘惑してくれ。」だなんて依頼したんですけどっ!?

 

いくら夏に女としての魅力を感じなくなったって言ったってね?普通他所の男に誘惑させようとかする?お馬鹿さんなんですか?

旦那に献身的な嫁なんて有難いよ!?だから安心して仕事に専念できるんでしょ!?

それに夏に女としての魅力を感じないのはね、旦那が男としての魅力がないからでもあるのよー!

旦那がお洒落でダンディーで紳士な渋いオジサマだったらね、自然と女だって愛する夫の前では綺麗でありたいと努力するものさ・・・ッ。

ああ、読めば読む程旦那と娘にイライラしちゃう・・・ww

 

それで佐伯に盗られて家族が崩壊したって知らないからね・・・っ><

っていう気持ちで私は読んでたんだけど、もしかすると中には良の母親や優美香達に同感!って思う人も居るかもしれないって事だよね。考え方は千差万別な訳だし。

 

単純に考えれば、夏は今の生活に満足してるけど、良の母親は満足してなかった。

ただ、それだけの事だったって訳だよね。

 

他の皆さんはどんな風に捉えるのかなぁ・・・。

そして遂に接近しちゃったよ、佐伯と夏!いいのか旦那(・∀・)?

これから二人の危険な関係が始まっちゃうの―――ッ!?

 

 

主人公が、恋をして劇的に変わっていく姿、共感できます。

オンナであることを改めて自覚させてくれる、大人女子にとっては堪らない作品でした。

主人公が、恋をして劇的に変わっていく姿は、とっても共感できますし、私も身なりに気をつけようと意識しました。(=^・^=)

 

漫画本がかさばるので最近は、電子書籍で読んでいますがとっても読みやすいですよ♪

無料試し読みというものがありますので、一度試して見て下さいね。(*^^*)

 

⇒ 無料試し読みはこちら!
  ※「ふれなばおちん」で検索が必要です。

※読んだ感想をコメント頂けると嬉しいです。

 

PCで読む人はこちら!

⇒ eBookJapan サイトへ

 

ふれなばおちん

ふれなばおちん あらすじと感想 ・・・旦那と恋愛なんてできないのよ。

NHKドラマ化決定!!

2016年6月28日スタート「ふれなばおちん」
出演:長谷川京子、成田凌⇒ 無料試し読みはこちら!
※ふれなばおちんで検索が必要です。


 

「ふれなばおちん」を読んだのであらすじと感想を書いてみました。

ドラマの主人公の夏を演じるのは長谷川京子さんです。本編を知っているので、長谷川京子さんがどう変わっていくのか、とっても楽しみです。(*^^*)

 

ありふれたごく普通の家族(あらすじ)

専業主婦の夏には、愛する夫と愛する娘と息子が居た。

ごく普通のサラリーマンの夫。思春期を迎えた中3の娘。

お母さんが大好きな小学生の息子。

 

夏は毎日家族の為に朝食を用意して。家族を送り出したらゴミ出しに洗濯に掃除に・・・そうこうしている間に夕飯の支度をして、子供達の学校の準備を手伝って・・・。

そんな、どこにでもありそうなごく普通の家族だった。

 

夫が健康で居てくれればいい、子供達が笑顔で元気で居てくれればいい。

だから自分の事は二の次。

 

ボサボサな頭だけど、ヨレヨレの服だけど、ガサガサな踵だけど、お洒落だってお化粧だって必要ない

―――愛する家族と健康で居られる事が夏にとっての幸せ。

 

 

男と出て行った同じ社宅の奥さん

娘の幼馴染み・良の母親が若い男と出て行った。

そんな噂が夏の住んでいる社宅内に飛び交った。

愛する一人息子を置いて、愛する夫まで置いて、そんな事をするなんて夏には到底信じられない。

 

けれど声がか細くて、肌の白い綺麗な奥さんだった。

それでも、大切な家族を残して他の男と・・・だなんて、考えられない、有り得ない。

そう思っていた矢先、突然その奥さんから一本の電話が。

「今、最高なの。めちゃくちゃに。」

そう夏に告げる彼女に、夏は訴えた。

 

「あんなに優しそうな主人がいるのに、添い遂げるのが責任でしょう?」

けれど、それに反して彼女が最後に言い放った言葉が耳から離れなかった。

 

―――旦那と恋愛なんてできないのよ。

 

二人の通話を聞いていた夏の娘が、良の母親の行動に少なからず理解を示した事に納得がいかない夏が反論したものの、「お母さんみたいな見てくれじゃ絶対味わえない世界だよね。」と小馬鹿にする娘。

それと時を同じくして、飲み会の帰りに同僚の奥さんと久々に再会した夏の夫は、今だに小奇麗にして美しいままの彼女に目を奪われ、彼女が妊娠している事に気がつくと驚愕した。

――ここはまだ、ある・・・!?と。

 

それをきっかけに、身形に気を使わなくなった夏に対して段々と「女」としての魅力を感じなくなってきてしまう。

そんな時、派遣されてきた佐伯という男が女の扱いが上手い事を知り、自分の嫁を誘惑して欲しい――と依頼してしまう。

 

 

接近する夏と佐伯

夏に女としての自覚を持たせる為、佐伯に誘惑をさせようとした夏の夫。

そんな事を夏は知る由もなく、同じ社宅に引っ越してきた佐伯の面倒を見るように夫から頼まれた彼女は、夫に頼られる事を喜びに感じ献身的に佐伯をサポートする。

佐伯は表では女に優しい男。しかし心の中では「女は面倒、適当にあしらってればいい。」――そんな風に考えている男だった。

 

夏の旦那に嫁を誘惑してくれだなどと依頼された佐伯は適当に請け負ったものの、実際に夏と接していくうちに今までに感じた事のない気持ちが芽生え始める。

美しく着飾って男に媚びる女。そんな女性ばかりを見てきた佐伯にとって、夏の行動は新鮮だった。

 

自分の事より相手の事を大事に思い、健気に尽くそうとする。

 

佐伯がどれだけ誘惑を試みても、彼女は微塵も惑わされる事なく愛する家族を優先した。

そのジレンマが佐伯の心に拍車を掛け、いつの日か自分の方が夏の事が気になって仕方がなくなってきてしまう。

 

そんな時、良の母親が突然現れ、家族が留守の間に自分の荷物だけ持ち去った事を知った良は、自宅で大暴れしてしまう。

その彼を佐伯の部屋で保護する事になったのがきっかけで、佐伯と夏の距離は急速に縮まっていく―――。

 

 

主人公が、恋をして劇的に変わっていく姿、共感できます。

ふれなばおちんは、オンナであることを改めて自覚させてくれる、大人女子にとっては堪らない作品でした。

主人公が、恋をして劇的に変わっていく姿は、とっても共感できますし、私も身なりに気をつけようと意識しました。(=^・^=)

 

漫画本がかさばるので最近は、電子書籍で読んでいますがとっても読みやすいですよ♪

無料試し読みというものがありますので、一度試して見て下さいね。(*^^*)

 

⇒ 無料試し読みはこちら!
  ※「ふれなばおちん」で検索が必要です。

※読んだ感想をコメント頂けると嬉しいです。

 

PCで読む人はこちら!

⇒ eBookJapan サイトへ

 

ふれなばおちん