外道の歌 あらすじ、2巻はどうなる?

⇒ 無料試し読みはこちら

 

【復讐屋・カモの悲しい過去】

古本屋を営みながら、復讐屋としての裏の顔も持つカモ。

凶悪な犯罪を犯した者に対し、被害者又は遺族の依頼の基パートナーのトラと共に独自の裁きを下している。

何故、カモは被害者に代わってわざわざそリスクを侵してまでのような事をしているのか。

それは彼自身の過去と深い繋がりがあった―――。

彼には愛する妻と子供が居た。

カモは中学生の頃、ある日突然母親を失った悲しい過去を持つ。

それまでそこに当たり前のように居た存在。それがいつまでも続くと思っていたあの頃。

その時のショックからなかなか立ち直る事ができなかったカモは、大人になってから手に入れた家庭を心から愛し、大切にしていた。

 

しかし、カモが仕事で留守の間に―――愛する妻と子は何者かに殺されてしまう。

育児のストレスで料理を殆どしなくなってしまった妻だったけれど、最期は我が子を庇う姿勢のまま亡くなっていたと言う。

幸せな日々が一瞬で崩れ去り、愛した妻と子を永遠に失ってしまったカモ―――。

 

【ここから犯人に対するカモの復讐は始まった】

愛する妻と子を殺した犯人。

警察である叔父から犯人の目星はついていると聞かされたカモは心を震わせたが、彼はその後信じられない言葉を耳にした。

――犯人は警察官僚の息子。

そうであるが故に、警察はなかなか動けずにいる事、何とか”別の奴”を引っ張ってこれないかと画策しているという事。

叔父は何故、わざわざカモにそんな裏情報を教えたのか。

本当のところは分からないけれど、叔父は暗にこう伝えたかったんじゃないだろうか。

警察は動かない。

だから真犯人は恐らく捕まらない。

真犯人を裁くのも野放しにするのもお前次第だ。

 

普通に考えたら、甥っ子に仇をとらせようとするなんて有り得ないよね。

そもそも法的に許されないし、仇をとったところで死んだ者が生き返る訳でもない。今回で言ったらカモの手が汚れるだけ。

仮にも叔父は警察官であって、本来なら復讐しようとするカモを止める側のはず。

だけど、現実的に有り得ない事なんだろうけど、誰であろうと大切な人を殺した犯人が何の裁きも受けずにのさばってるなんて知ったら耐えられる訳がない。

それも何の罪もない女性と幼い子供を無差別に襲った非道な奴なら尚更。

叔父も警察官である前に一人の人間。

可愛い甥っ子の大切な家族を無残に殺した犯人が、法の裁きさえ逃れてのうのうと生きていく事を知っていて何もせずにはいられなかったのかも。

だから敢えて思わせぶりな助言だけ残してその場から立ち去ったのかな。

その時からカモの中に”復讐”という二文字が芽生え、それまで生きた屍みたいになっていたカモが”復讐”という目的の為に立ち上がった瞬間だった――。

 

外道の歌の無料試し読みはこちら

前作の「善悪の屑」の続編にあたる、この「外道の歌」。

絶対にドラマ化になりそうな感じかしますよね。読んでる友達に進められて「善悪の屑」を読み始めましたが、かなりハマってしまいました。(#^.^#)

 

無料試し読みで、「善悪の屑」、「外道の歌」のどちらも読めるので是非是非読んでみてくださいね。

 

⇒ 無料試し読みはこちら

※ぜひ読んだ感想をコメント頂けると嬉しいです。

 

[Handy一般]外道の歌

⇒ PCの方はこちら

外道の歌 前作は善悪の屑?過去が明らかに?

⇒ 無料試し読みはこちら

 

【「外道の歌」は前作「善悪の屑」ありき!】

この「外道の歌」は「善悪の屑」という作品の続編なので、できれば前作「善悪の屑」から読んだほうが絶対いいと思う!

冒頭にはそれらしいタイトルが一切書かれてないから、外道の歌から手を伸ばした人は登場人物紹介にあるあらすじに一見首を捻りそうだけど、こっちはあくまで続編・・・ッ!

外道の歌だけでも内容理解しやすいのかなーなんて思って読んでみたけど、全然ww

前作ありきの内容だったorz

善悪の屑を読まないでこっちから読んじゃうと、多分良く分からないかも・・・(゜_゜;)

 

主人公のカモが依頼人の代わりに復讐をしている事はチラッと描かれてるし、そうなるまでの経緯は逆に「善悪の屑」では深くは語られなかった分、こっちの「外道の歌」で詳しく描かれてる。

だから、ああ・・・こういう事があったから復讐屋なんてやってるのねっていうのは分かるんだけど、しょっぱな登場してくるトラとナナが何故カモと同居してるのかとか、途中で現れるライバルの朝食会とはどういう繋がりなのかとかはやっぱり「善悪の屑」を読んでないとさっぱりな気がする(^^;)

 

【カモが復讐を始めた理由は悲しい過去にあった】

前作「善悪の屑」では最初からいきなり衝撃的なシーンから始まるんだけど、まるでヤクザ(カモ)がターゲットを拷問して痛めつけているだけのように見えて(実際拷問だけどww)実はこれこそが復讐。

被害者・遺族の依頼を受けた復讐屋であるカモとその相棒・トラが加害者を捕らえ、依頼人に代わってその加害者を被害者と同じ、またはそれ以上の苦痛を与えて苦しませるというもの。

だからこそ必然的に拷問染みた展開になるし、グロや流血は当たり前。

善悪の屑では基本がそういう内容ばかりで、主に復讐屋による加害者への拷問がメインだった。

けど、その復讐屋であるカモやトラが何故復讐屋になったのか。

トラの方は前作でも語られていたけど、肝心のカモは何となくそんなシーンを匂わせるだけで深くは描かれていなかった。

―――が!

 

ここへ来てようやく続編の「外道の歌」で、カモの過去が明らかに!

それはとても悲しいもので、カモが復讐屋となる原点だった。

彼の悲しい過去の全貌を知ると、なるほど納得・・・法の裁きだけでも遺族からしたらとても足りないのに、それさえもないんじゃ自らの手で復讐したくなる気持ちが湧くのはごく自然な事。

そこに規律や道徳が介入してくるから人は耐え忍ぶのであって、それがなければ被害者・遺族は皆その道を選ぶだろう・・・。

 

外道の歌の無料試し読みはこちら

前作の「善悪の屑」の続編にあたる、この「外道の歌」。

絶対にドラマ化になりそうな感じかしますよね。読んでる友達に進められて「善悪の屑」を読み始めましたが、かなりハマってしまいました。(#^.^#)

 

無料試し読みで、「善悪の屑」、「外道の歌」のどちらも読めるので是非是非読んでみてくださいね。

 

⇒ 無料試し読みはこちら

※ぜひ読んだ感想をコメント頂けると嬉しいです。

 

[Handy一般]外道の歌

⇒ PCの方はこちら

外道の歌 無料立ち読み出来るのは?

⇒ 無料試し読みはこちら

 
 

【無料試し読みの前に前作「善悪の屑」を・・・!】

無料試し読みを読んでみて、「おっ!面白そう!」って購入しようとしているそこのあなた・・・!Σ(・∀・)

前作の「善悪の屑」は読んでるかな?ヾ(゜ヽ゜)ちょいちょい

「前作?善悪の屑?何ソレ(゜_゜)」なんて思われましたらちょっと待って(´ω`人)

この「外道の歌」は「善悪の屑」っていう作品の続編にあたるのですっ!

外道の歌だけでも読めるのかなーなんて思って読んでみたけど、全然でしたww

前作の「善悪の屑」を先に読んでないと、多分「???」になる部分が多々あるシーンばかりだったので、是非そちらを読まれてから外道の歌に行く事をオススメしますっ♪

 

無料試し読みでは、ある男が帰宅してそれを出迎える妻と子―――っていう、ごくごく普通のありきたりな家庭から始まってるんだけど、これね・・・前作を読んでから読んだ方がいい!!

感情移入の仕方が大分違うと思う><

これ、正に復讐屋をやってる主人公のカモの過去なんだけど、カモという男を全く知らないでいきなりこっちから読むのと、前作を読んで「何故、カモは復讐屋をやっているのか。」と疑問を抱いてからこっちを読むのとでは、捉え方や考え方がかなり変わるんじゃないかな・・・っ。

「善悪の屑」も「外道の歌」も激しいシーン(拷問とか格闘とか動作が激しい部分)なんかでも結構淡々と描かれてたりするから、例え憎悪に駆られて復讐を起こす場面でも何となく静かなんだよね。

普通は「うおおおお!!」とか、「ああああ!!」なんて奇声に近い叫び声を挙げながら泣き喚いてそうなイメージっていうか。

効果音なんかも無駄にでかいのが余り描かれてないし、本当の憎しみというものは表に表れない程に内側で静かに渦巻いてるっていうのを如実に表現されてると思う!

だから余計に、カモの過去から先に読むと「うん?引っ張った割にはこんなものなの?」って拍子抜けしちゃう人もいるんじゃ・・・ないかな?と。

そのくらい、肝心の復讐シーンのはずがとても静かに描かれてるように私は見えたんだけど、カモの悲しみや憎しみがどれ程に強いか、カモ自身が余り表に出していないだけにその裏側を読み解くと物凄く感情移入してしまう。

他の誰でもない自身の復讐だからこそ”復讐屋”に付き物である拷問・・・以上の事をしてやればいいのに!って思っちゃったけど、それはあくまで復讐屋になってからの話。

今まで幸せな家庭でごく平凡な生活を送ってきた人間に、いきなりそんな事ができるはずもないんだよね(´・_・`)

 

外道の歌の無料試し読みはこちら

前作の「善悪の屑」の続編にあたる、この「外道の歌」。

絶対にドラマ化になりそうな感じかしますよね。読んでる友達に進められて「善悪の屑」を読み始めましたが、かなりハマってしまいました。(#^.^#)

 

無料試し読みで、「善悪の屑」、「外道の歌」のどちらも読めるので是非是非読んでみてくださいね。

 

⇒ 無料試し読みはこちら

※ぜひ読んだ感想をコメント頂けると嬉しいです。

 

[Handy一般]外道の歌

⇒ PCの方はこちら

外道の歌 1巻結末はどうなる?

⇒ 無料試し読みはこちら

 
 

【ライバル・朝食会(ブレックファストクラブ)へ依頼に訪れた男】

カモとトラが組んでいる「復讐屋」のライバル、朝食会(ブレックファストクラブ)。

その朝食会に何と、カモが捕まった・・・!何でッ!?Σ(゜◇゜;)

事の始まりは、一人の男が朝食会に依頼に訪れたところから。

どうやら目も見えない、耳も聞こえない、声も出せないらしい・・・が、うん?この依頼人の男、どっかで見覚えが・・・。

・・・あっ!この人、学校でのイジメを苦に自殺した孫の仇でカモ達に依頼してきたおばあさんのターゲットだ・・・ッ!Σ(・_・ノ)ノ(説明長いw)

確かそのおばあさんの孫が、学校で同級生に散々手酷いイジメを受けていたのに、それを知っていながら見て見ぬ振りをしてた教師だ!

それでそのイジメてた同級生共々、この教師もカモ達に復讐されて目も耳も声も失ったんだったよね。

賛否両論あるのは分かってるけど、私はこんな奴ら生きてる価値ないわーとか思って読んでたから殺さなかったのが少し口惜しかった。やっぱり生きてたか。

でもそれが分かったのは前作の「善悪の屑」を読んでたからであって、いきなりこっちから読んだ人は「このおっさん誰ぞ!?」ってなるわっ!w

という訳で、前作未読のかたはこっちは「善悪の屑」の続編にあたるので、前作を読まれてからこっちを読む事を強くオススメします(´ω`。)

・・・で、どうやら命ばかりは助かったこの教師は、今度は逆恨み?で朝食会へカモ達に復讐を依頼―――という流れの模様( = =)

 

【朝食会に拉致されたカモと、トラのタイマン勝負】

隙をつかれて朝食会に拉致されてしまったカモ。

まさか自身が同業者に拉致されるなんて思いもよらなかったのか、隙が生まれて見事に気絶させられた事にちょっとビックリ^^;

カモは体術に長けてたし、てっきり返り討ちにしちゃうんだと思ってたけど・・・さすが同じように復讐を生業としてるだけに、朝食会も手強かった!

カモの拉致を知ったトラは単身、カモが捕われている場所へ向かう――と、そこには拷問道具がずらりと並んだ倉庫の椅子に縛り付けられたカモと、朝食会の二人が待ち受けていた・・・!

・・・が、これから拷問にかけられるというのに、カモは眉一つ動かすどころか全く微動だにもしない。

朝食会が、怖くはないのかと尋ねると、カモの口から思いもがけない言葉が・・・。

片や、目の前では朝食会のもう一人のメンバーと、トラが一対一のタイマン勝負が繰り広げられようとしていた!

絶体絶命の大ピンチ!

復讐屋VS朝食会。果たして勝利はどちらの手に―――!?

カモの運命は!?トラは朝食会に勝てるのか!?

そこには驚きの結末が―――ッΣ(゜゜;)!

 

外道の歌の無料試し読みはこちら

前作の「善悪の屑」の続編にあたる、この「外道の歌」。

絶対にドラマ化になりそうな感じかしますよね。読んでる友達に進められて「善悪の屑」を読み始めましたが、かなりハマってしまいました。(#^.^#)

 

無料試し読みで、「善悪の屑」、「外道の歌」のどちらも読めるので是非是非読んでみてくださいね。

 

⇒ 無料試し読みはこちら

※ぜひ読んだ感想をコメント頂けると嬉しいです。

 

[Handy一般]外道の歌

⇒ PCの方はこちら

外道の歌 ネタバレ感想 カモの過去とは!!

⇒ 無料試し読みはこちら

 

【カモの過去がようやく明らかになった続編】

前作の「善悪の屑」の続編にあたる、この「外道の歌」。ずっと読みたかったんだ!

相棒のトラと復讐屋をやっているカモ。途中ナナも訳あってサポートとして参入&居候して、けれどトラとナナは復讐屋に加わった経緯が前作で描かれてたけど、肝心の主軸であるカモは余り触れられてなかったんだよね(´・ω・`)

カモの部屋に若い女性と幼い子供の遺影が飾られた仏壇があったから、恐らくこの二人はカモの妻と子供で、きっと二人は何者かに殺されてしまったからカモは復讐を決意したのかな・・・

という推測はしていたけど、そうなるとその犯人だけに復讐すれば済む話だし、じゃあ何で「復讐屋」なんていうリスキーな事業?をするようになったのか、それが気になってたんだよね・・・!

この続編でカモの過去が明らかになった事で、ようやく何があったのか分かった・・・!

 

【カモが”復讐屋”となったきっかけ】

カモの大切な妻と子を殺した犯人は目星がついてたのに、そいつが警察官僚の息子だからっていう理由で警察は二の足を踏んでたんだよっ!

その上あろう事か、”事件と関係のない人物”をどうにか犯人に仕立て上げられないかっていう企てまでしてたって言うんだから、そりゃ許せないどころじゃないよね!そんなの冤罪よ冤罪ッ!

これは許せないわ・・・ただでさえ何の罪もない愛する家族を殺されて怒りで我を失いそうな程の憤りを感じているのに、犯人が警察官僚の息子ってだけで刑を免れるとか・・・!汚すぎるっヽ(`Д´#)ノ

日本の警察って本当にこんなに腐ってんのかな?これが事実だったら最低だよね。

それを知ったカモは自らの手で真犯人に復讐する事を決意したんだけど、そりゃそうしたくもなるよ。

けど、そういう裏情報をカモに教えてくれたのは、他ならぬ同じ警察である叔父だった。叔父、ナイス!

善悪の屑でも時々カモの元を訪れてはカモのしている事を知っている上で釘をさしてたけど、決して咎めもしなければ逮捕する事もしないんだよね。

明らかに法に触れてるのに、自分は警察官なのに。

それは可愛い甥っ子であるが故なのか、警察の黒い部分を知っているからこそ叔父自身もそれに少なからず納得がいってなくて、カモのしている事を黙認しているのかな。

何はともあれ結果的にカモの妻子を殺した犯人は、カモ自らが仇を討った。

もしかしたらそこでカモは復讐を終えて、あとは生きる屍として独り寂しく生きていったのかもしれない。

けど、復讐を遂げた直後、別の事件なんだけどテレビで自分と同じように愛する妻と子が何者かに殺されたっていうニュースが流れて、この時カモの中で何かが弾けたみたいで。

復讐そのものは自分の妻と子が殺された事がもちろん発端だったんだろうけど、”復讐屋”をやるきっかけとなったのはそのニュースの事件が引き金だったのかもしれない。

 

外道の歌の無料試し読みはこちら

前作の「善悪の屑」の続編にあたる、この「外道の歌」。

絶対にドラマ化になりそうな感じかしますよね。読んでる友達に進められて「善悪の屑」を読み始めましたが、かなりハマってしまいました。(#^.^#)

 

無料試し読みで、「善悪の屑」、「外道の歌」のどちらも読めるので是非是非読んでみてくださいね。

 

⇒ 無料試し読みはこちら

※ぜひ読んだ感想をコメント頂けると嬉しいです。

 

[Handy一般]外道の歌

⇒ PCの方はこちら