1年後の3.11―被災地のオフレコ話。意外な真実とは?

PCの方はこちら!

⇒ 無料で試し読み出来ます。

東日本大震災のオフレコ話として実際に自身も被災者である作者が綴ったエッセイ漫画です。

ニュースやテレビでは観てとれなかった被災者の声が、作者さんが個人的な想いもこめて綴られていることでよりリアルに感じることが出来ました。

 

意外な事実①地震がくることを知っていた市民

宮城県仙台市在住の作者さんが冒頭まず語ったのは、地震が来たことに安堵を覚えたという表現でした。

起こる可能性99%の「宮城県沖地震」に怯えていたというのです。

正直、宮城県民でない私からすると意外な話でした。

もちろん地震が起きて欲しいという話ではないのですが、99%起こるのであれば早く終わって欲しいという気持ちがあったようです。

もちろん地震が終わったからといって、そこからは平和が訪れるというものではなかったのですが。

 

意外な事実②想像以上に過酷な現場

別の書籍で震災関連の話を読んだとき、ニュースやテレビでは遺体についてなかなか語られないということを目にしました。

やはり刺激が強すぎるのか、遺族の気持ちにも配慮したのかそういった報道はすくなかったように思います。

少し想像すればわかることなのかも知れませんが、私自身は恐怖感だったり、そういうことに目を向けること自体が何かタブーのような気がしてあまり考えないようにしていたのかも知れません。

消息が不明となった子どもをやっと見つけたら、口の中に泥が詰まっていたなんて話、たまりませんよね・・・。

重機をあつかえる民間企業の人たちは自衛隊の人たちでまかないきれない撤去作業をしていましたが、スコップですくいあげた瓦礫には遺体が混ざっていたそうです。

作者さん自身本編で自衛隊の人も、撤去作業にあたってくれた民間の人も本当によくやってくださってますと語っています。

 

意外な事実③生きていることの確認

その一方、風俗店が流行ったという話も耳にしました。

たいへんな被害があったのに不謹慎だと言う人もいたようですが、作者さんは感謝の気持ちもこめて理解を示していました。

悲惨な現場を耐え抜いた夜、そういう行為を求めるのは言ってみれば生きていることの確認、「人間らしいじゃないの」と。

この話には共感しましたが、私は個人的に避難していた体育館でのセクハラ行為や性的暴行など男性の心の弱さを感じるエピソードを耳にしていたこともあり、女性に限らずお年寄りや障がい者などの震災弱者ということも考えていく必要があると感じています。

この漫画は被災から1年という区切りを持って描かれたもので、まだまだ復興も道半ばなのにある程度の月日が経つと教訓として生かすだとか、大切なことではあるけれど当事者が置いてけぼりになっていくような報道が印象的になってきます。

この1年後の3.11という、まだ傷口から赤々とした血が流れ続けている頃のリアルな現状を今一度思い起こすという意味で読んでみてはいかがでしょうか。

当事者でありながら、作者さんは個人的な意見が表にですぎないように悲しみや怒りを絶妙に隠したり見せたりしながら描かれているような印象を受けました。

指切りなど恐ろしい人間の本性の話もありましたが、本当に人に言えない、漫画に出来ない話もあったのではないかと思います。

マスコミ関係の人が言っていました。

風化させてはいけないと言うけどそれは不可能、われわれに出来るのは風化を少しでも遅らせることだけ。

一般人の私に出来るのはこの漫画を自分が読んで、人にすすめて読んでもらうことで自分の中の風化を遅らせることだけです。

 

⇒ 本編、無料試し読みはこちら!

 

PCの方はこちら!

 ⇒ PCの方はこちら!

1年後の3.11―被災地のオフレコ話。無料試し読みを読んで

PCの方はこちら!

⇒ 無料で試し読み出来ます。

作者自身が2011年の東日本大震災の被災者であるエッセイ漫画「1年後の3.11―被災地のオフレコ話」を試し読みしてみました。

もともと関西出身の私は阪神大震災の時は小学生だった。

同い年の関西地域以外の人とは地震や災害に対する気持ちが違うなって2011年までは思っていたんです。

どうしても経験のある人とない人では埋められない感覚の違いがあると感じてました。

 

知りたかったのはオフレコの話

私がこの漫画を読んでみたくなったのは被災者自身が語る、オフレコの話という部分に惹かれたから。

5年以上経ったいまもNHKでは毎週震災にあった人たちを取材した番組が放送されています。

私はたまたま職場でNHKがずっと流されているので仕事をしながら目にすることがあるけど、これが家だったらわざわざチャンネルをあわせたり録画してまで観るかというと違う気がする。

そして周りでは東日本大震災の話題が上ることがなくなってきたことに気付いたんです。

 

無料試し読みで知ったこと

とりあえず興味をもった漫画は試し読みしてみることにしているので、さっそく読んでみたら猫のことが描いてあった。

というのも、作者のゆうみ・えこさんは猫を飼っていて、震災当時離れた場所に住んでいた猫と一時会えない状態になったのだという。

地球上の生き物で猫がいちばん好きと豪語する私は続きを読まずにはいられませんでした。

自宅とご実家にそれぞれ2匹ずつ猫がいて、実家はお母様がお姉様のところへ移ってから猫だけが暮らしているという。

猫は人でなく建物に懐くと言いますからね、多頭飼いも気が合わないと難しいしという判断でそうされていたのだと思います。

結局2匹とも無事で、物語やフィクションですら猫が酷い目に合うと胸が痛くなる私ですから、ホッと安心しました。

実際には作者さんの飼い猫以外の猫やさまさまなペットも犠牲になったんだろうけど、とりあえず目の前の二つの命が助かったのだという事実を喜びました。

大局を見ることも大事だけど、そうするとひとつひとつの大事なことを見落とす気がして・・・。

そういう意味でも、作者さんが一人の被災者として個人的な感想も書かれているので一つの側面として知れたことが良かったと思いました。

 

⇒ 本編、無料試し読みはこちら!

 

PCの方はこちら!

 ⇒ PCの方はこちら!

1年後の3.11―被災地のオフレコ話。あらすじと感想

PCの方はこちら!

⇒ 無料で試し読み出来ます。

2011年3月11日、その日その時間、発射寸前の列車の中にいた作者さんの当事者から見たオフレコの話。

 

あらすじ

宮城県仙台市在住の作者さんが、東日本大震災のあの日から被災者として震災を見つめてきた話を綴った一冊。

その日発車直前の列車の中にいた作者さん。

自身と自宅は食器棚や荷物が散乱していたものの無事だった。

しかしラジオから流れる被害報道で実家付近が津波におそわれたことを知る。

実は作者さんの実家にはすでに人間は住んでいないのだが、家に居ついている猫が二匹暮らしているのだ。

自宅にも猫を飼っている作者さんは、実家に通って世話をしていた。

しかしガソリンもなく、道路も寸断され二匹の安否を確認するすべはなかった。

ガソリンスタンドに並んだときは109台目、実に2泊3日車中泊して並び手に入れたのは被災者みんなで分け合う2000円分までのガソリンだった。

やっとの思いで実家にたどり着いた時、無事だった2階から現れたのは1匹の白猫で―。

 

読了後、胸の中に残ったこと。

この作者さんはご家族の被害についてあまり描かれていません。

描けなかったのか、被害が少なかったのかは定かではないですが、被災された人たちの中でもご自身はまだマシな方という立場から描かれているように見えました。

第二話で「人の本性」を題材に描かれていて、ニュースではあまり聞いたことのないセンセーショナルな事実が淡々とかかれていました。

隣県から金目のモノを拾いに来る人。
遺体をかき分けて盗難していく人。
ノコギリで指を切り落として遺体から指輪を集める人。
歩道の人を轢き、跳ね飛ばしながら逃げて行った車。

私はこれらの話を嘘だとは疑いませんでした。

きっと全部ほんとうにあったことなのだと思いました。

 

普段暮らしている日本と日本人、それとこの話とのギャップを感じる人もたくさんいると思います。

ただこの話が海外の内戦が何年も続いている地域だったら?

それとも戦国時代の日本の話というのだったら?

そう聞けば事実として認識しやすかったはずです。だから私は人間の本質としてそういうことはあるのだろうと思います。

 

さいごの人を跳ね飛ばして逃げる車を目撃したのは作者自身ではなく、お知り合いの女性のようで、その人は恐ろしくてそれまで誰にも話すことすらできなかったと語っていました。

そして、もし車に自分の子どもを乗せていたらもしかしたら自分も同じことをしてしまったかもしれないと、それが本当に恐ろしいと話すのでした。

実際に狂気の瞬間を見てしまった人たちのお話。

住んでいる地域が違うから、もう何年も経ったからではなく、数年経ってやっと口を開くことの出来る人もいる、やっと事実を知ろうとすることが出来る人もいる。

そういうことのきっかけとしてこの漫画を読んでみてはいかがでしょうか.

 

⇒ 本編、無料試し読みはこちら!

 

PCの方はこちら!

 ⇒ PCの方はこちら!