離婚予定日のあらすじと感想

PCの方はこちらをクリック

⇒ 無料試し読みはこちら

 文芸書のような表紙に『離婚予定日』というタイトル。

インテリなにおいを感じて読み始めた漫画をご紹介します。

 

■離婚予定は3年後、気になるあらすじはこんな感じ。

ずぼらな主婦・鮎川早紀(あゆかわさき)は子育てと家事を繰り返すだけのつまらない毎日を送っていた。

掃除も料理も苦手。

一人娘の真澄(ますみ)のお迎えは昼寝で遅れ、疲れたと言っては料理をサボリお惣菜をお皿に並べ替える。

結婚8年目の32歳、5歳年上の夫・秀行(ひでゆき)は可も不可もなく喜怒哀楽も少ないつまらない男。

そんなつまらない夫と自分はそれなりにお似合いだと思っていた。

いつも通り、娘とふたりで眠っていると夫が起こしに来た。

時刻は23時。

10時間以上寝ないと不調になるとあくびをする早紀を座らせ、夫が切り出したのは寝耳に水の離婚話だった。

取り乱す早紀をなだめ、3年の準備期間を設けることにする。

ちょうど日付が変わる24時。

「3年後の10月3日が僕たちの離婚予定日だ」

 

■結婚生活は厚かましい!?離婚を考える夫婦たち

専業主婦ってこんなにグウタラしているものなのかとまず驚くΣ(゜д゜;)

よくバラエティやドラマでは旦那さんが「俺の稼いだ金・・・」と言って反感を買っていますが、この主人公の早紀さんに関しては言われても仕方ない気がします。

もちろん主婦は家事に育児に追われ、むしろ外で働いていたら何時までと時間が限られているのが羨ましいくらいだと思う。

それだけ毎日毎日、週末も休みなく起きてる間はずっと仕事中みたいなもの。

仕事なら効率よくまわしたり、委託したりするのは当たり前なんだけど、主婦が同じことをすると『サボリ』に見えたりするから辛いところですよね。

でもこの早紀さんはちょっとひどすぎる。

娘の真澄ちゃんとは仲良くて、虐待ってことはないんだけど、ここまで面倒みなかったら見る人によってはそう見えちゃうかも。

旦那さんはキチンと働いてくれる人で、娘のことは可愛いけど妻のことは一生のパートナーとして見れなくなってます。

自分の映画を作りたいという夢を追いたい気持ちもあるようなんですが、それを結婚を継続しながらって考えられなかったのか、考えた末出した答えなのか。

何しろ離婚を切り出してからはじめて娘の世話をまともにしたという男なので、早紀さんの言うとおりお似合いの厚かましい夫婦だったみたい。

離婚したい夫と、結婚生活を続けたい妻。

この3年の準備期間でようやく家族と向き合うことになりそうですが、とにかく娘だけは傷つけないでほしいなと思います。

 

⇒ 離婚予定日 口コミ、評判は?男性にも評判◎

 

離婚予定日は、まんが王国がおすすめです。

じっくり試し読みも出来て、移動中も漫画を楽しんでいます。(*^_^*)

 

⇒ 無料試し読みはこちら

※離婚予定日で検索が必要です。

 

PCの方はこちらをクリック

⇒ PCの方はこちらをクリック

離婚予定日 口コミ、評判は?男性にも評判◎

PCの方はこちらをクリック

⇒ 無料試し読みはこちら

 

■主婦だけでなく男性にも評判◎

専業主婦が離婚を言い渡されることからはじまる漫画『離婚予定日』。

結婚してからは外に働きにでたこともなく、専業なのに家事も育児もさぼり気味のぐうたら主婦・早紀は、寝耳に水の離婚問題に大慌て。

夫の秀行の意志は固く、お互いの準備のために3年の猶予を設けるとします。

その3年の間に早紀は自立していけるのか―。

完全に主婦目線の漫画なのかと思いきや、口コミを見ると意外と男性からの評判もいいようですね。

主人公の早紀さんは同じ女からみても図太くてずぼらな人なので、男性が読むと離婚したくなって当然なのかと思いきや、案外女性目線も男性目線もどちらからでも見られるようです。

比重は早紀さんが一番大きいですが、夫側の気持ちも、なんなら浮気相手の気持ちもけっこう細かく描かれているからかも知れません。

私も女ながら、早紀さんが厚かましくてイライラしちゃったのでどちらかというと旦那さん派でした。

でも読み進めていくと、ずぼらで身勝手だと思っていた早紀さんの欠点が明るさや女性らしさ、大らかさやたくましさに感じてくるから不思議。

本編ではちょうど旦那さんも早紀さんを見直した時期だったので、作者さんの手の中で踊らされていただけかも知れませんけどね(*´д`*)

 

■口コミから見るネタバレとお買い得度

自身も離婚経験があるという人が、離婚する前に読みたかったという書き込みをしているぐらいですから、今現在結婚生活を継続している人は離婚の予定があってもなくても読む価値があるのではないでしょうか。

離婚云々はなくてもこの漫画を読むことによって改めて夫婦は他人なんだから感謝の気持ちやお互いを尊重しないといけないという感想を書かれている人もいて、離婚の漫画なんだけど、結婚に役立つ漫画なんじゃないかなと思いました。

人生を見つめなおす登場人物たちに共感したり気づかされたりする漫画なので、その辺のネットコラムを読むよりはよっぽどいい気がしましたよ(*´∀`)ノ

 

⇒ 離婚予定日 無料試し読みは、まんが王国がおすすめ!!

 

離婚予定日は、まんが王国がおすすめです。

じっくり試し読みも出来て、移動中も漫画を楽しんでいます。(*^_^*)

 

⇒ 無料試し読みはこちら

※離婚予定日で検索が必要です。

 

PCの方はこちらをクリック

⇒ PCの方はこちらをクリック

離婚予定日 無料試し読みは、まんが王国がおすすめ!!

PCの方はこちらをクリック

⇒ 無料試し読みはこちら

 

■女性目線も男性目線も興味深い『離婚予定日』の試し読みは無料!

想像してみてください。

専業主婦の32歳。
可愛い幼稚園児の娘がひとり。
夫は喜怒哀楽のないつまらない人だけど働き者。

家事と育児以外に何もしてこなかった8年間の結婚生活。

若くもなければ手に職もないあなたが突然離婚を言い渡されたらー。

そんな離婚までの準備期間の3年を夫と過ごすことになった専業主婦の早紀。

離婚を言い渡された時は狼狽し、責めもしましたが夫の意志は固い。

離婚後に娘と暮らすために自立しようと働きだします。

 

8年間ほんとうに主婦業だけで過ごしてきた早紀に仕事は難しいのですが、外の世界に出る事で新たな出会いがあったり、真澄ちゃんママではなく自分と言うひとりの人間を見直す機会になったりします。

8年も人生をお休みしていたような状態の主婦が、目まぐるしく動きだした人生に翻弄されながらもたくましさを見せていくストーリー。

離婚を言い出した旦那さん側の目線もしっかり描かれていて、誰もいい子ちゃんに描かれていない人間臭さが面白い漫画です。

 

絵はイマドキとは言い難いですが安定感があり、子どもの表情なんかは目まぐるしく変わって生意気なところもよく表現されていて可愛らしいです。

無料で試し読みも出来るので、是非読んでみてください。
タイトル的に本棚に置きにくいのでネットコミックで揃えるのがおススメですよ(*´∀`)

 

■便利が一番!ネットコミックならまんが王国

幼少期から漫画少女だった私。

でもたくさんお小遣いをもらっていたわけでもないし、買えるのは毎月漫画雑誌が一冊。
(ちなみに『りぼん』派でした)

単行本を買うなんて、自分でアルバイトするようになるまでは贅沢でした。

それが今ではネットコミックでまさしく大人買い!

 

お小遣いが何とかなるようになってきて次の問題は本棚。

ワンルーム住まいだし、それよりも何を読んでいるのか人に知られるのが恥ずかしい私の本棚はクローゼットの中だけ。

そんな私にネットコミックの普及は朗報でした。

この漫画も文芸書みたいな表紙と、まさしくなタイトルで本棚に置いてあったら誤解されてしまいそう。

本屋さんに行かなくても無料でお試しが出来るので、どこでも自分の好みの漫画が探せるのがいいですよね。

ついつい買い過ぎてしまいそうになるので、ひと月毎の予算を決めておくのがおススメのネットコミックの活用方法ですよ。

まんが王国ならひと月の購入ポイントが固定できるのでついつい買い過ぎちゃう私みたいなタイプの人でも安心なんです(*´д`*)

 

⇒ 離婚予定日 1巻を読んでみての感想♪

 

離婚予定日は、まんが王国がおすすめです。

じっくり試し読みも出来て、移動中も漫画を楽しんでいます。(*^_^*)

 

⇒ 無料試し読みはこちら

※離婚予定日で検索が必要です。

 

PCの方はこちらをクリック

⇒ PCの方はこちらをクリック

離婚予定日 1巻を読んでみての感想♪

PCの方はこちらをクリック

⇒ 無料試し読みはこちら

 

■共感できない専業主婦・早紀さん

主人公の専業主婦、32歳の早紀さんが夫から離婚を申し込まれることでジタバタしだすこのまんが『離婚予定日』。

娘の真澄ちゃんがこしゃまくれてて明るくてたくましくて可愛らしい。

1巻の前半までは大人たち、特に主人公の早紀さんの自分勝手さにイライラしちゃいました。

料理は買ってきたお惣菜だし、お布団引きっぱなし、昼寝しすぎて娘の幼稚園のお迎えに遅れたりを繰り返すずぼら主婦。

個人的に自分の母親が働きながら家事もこなす姿を見てきたからでしょうか。彼女の手抜きっぷりには怒りすら覚えるほど。

きっと本当の主婦の人はもっと頑張ってると思うんですよね。

イマドキ専業主婦なんて旦那さんの給料がよっぽどいいとか、子どもがたくさんいるとか小さいとかじゃないといないと思うんだけど。

あまりのぐうたらっぷりに旦那さんに離婚を言い渡された時点ではまったく早紀さんに共感できないどころか反感すら持っていたので、

そりゃ離婚されても仕方ないだろ!(゜ロ゜)ってかんじでした。

映画作りたいから離婚って旦那さんもそれなりに自分勝手かとは思いますけどね。

 

■1巻で巻き起こる波乱まとめ

ここからネタバレと感想です。未読の人はご注意くださいね。

急に離婚を言い出された早紀さん。

いままで専業主婦の上にあぐらをかいていたような人なので、この強烈な刺激に本人や生活にもいろいろ変化が起こります。

まず大きいのは仕事をはじめたということ。

結婚前はメーカー勤務のOLさんだったようですが、早くに結婚したい願望があったから腰かけだったのかも。

娘の真澄ちゃんと暮らしていくだけのお金を稼ぐのがどんなに大変か、つまらない男だと思っていた旦那さんがいつも外で働いてくれていることを考えたりするきっかけになりました。

でも旦那さんにはあんまり感謝している様子もなく、仕事をはじめて疲れたからと家事を押しつけたり堂々とさぼったりしています。

しかも職場でみつけたときめく男性とデートするような間柄に。

つくづく母親の自覚も大人の自覚もない女だな~(呆)。

 

夫の秀行さんの方は、離婚を切り出したことで娘の世話や家事をはじめてするなど家庭に向き合うことにもなりました。

そこで妻が今までどれだけ家事や育児をさぼって来たかも知るのですが、それだけ今まで家庭に興味がなくて見てなかったことにもなりますよね。

別の理由での離婚のはずだったのに同僚の女性といい感じになっているのは今後どうなっちゃうんでしょうか。

2巻の波乱にも期待です。

 

⇒ 離婚予定日のあらすじと感想

 

離婚予定日は、まんが王国がおすすめです。

じっくり試し読みも出来て、移動中も漫画を楽しんでいます。(*^_^*)

 

⇒ 無料試し読みはこちら

※離婚予定日で検索が必要です。

 

PCの方はこちらをクリック

⇒ PCの方はこちらをクリック