カケメロ 6話~7話 岩原カナ編1 感想とあらすじ

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは、管理人が好みとランキングより購入した漫画の中で「特に面白かった」内容のレビューをまとめています。

あまりにも感じたままに書いているので、ツッコミところ満載ですが、わたしの購入した漫画の忘備録としても保存しているので、そこはや優しく読んで頂けると幸いです。(*^_^*)

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら家族にバレて消されたと思ってください。(今日が最後かも・・・と思って書いています。)

わたしが選ぶ名作5選!!

俺得修学旅行 ⇒ レビュー  
淫習の村~籠目の儀式~ ⇒ レビュー  
初エッチの相手は…妹!? ⇒ レビュー  
デキちゃうけど、ナカでもいいよね
 ⇒ レビュー  
ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? ⇒ レビュー  

※新規タブで開きますので、時間がない人はあとでゆっくり見て下さい。
 無料試し読みがあります。



カケメロ 6話~7話 岩原カナ編1 感想とあらすじ

4日連続で残業続きのサラリーマンの主人公。

ほぼ満員電車の中でやっと空いた席に座ろうとした瞬間。

いきなり、ダダダダダっと誰かが走ってきて、主人公を押し退け座ってしまいます。

「おっさん、ジャマー」( ´,_ゝ`)

そう言ったのは金髪ツインテール黒ギャルの岩原カナちゃん。

 

って何で名前知ってんだあーーー?

よくチラ見してただけでわかんの?( ; ゜Д゜)

 

それはさておき、いきなり席をとられた主人公は、なんと腹いせに恥部を露出し、しごき始めます。

 

「あの力がある」

「ちょっ、おっさん、何出してんっー」

「くらえっ!カケメロの力!」

 

うっわー、やっちまったよ。

主人公やっちまったよ。

電車内でこんなことしたら、周りにバレてー

ないー!周りは全く反応していません。

 

そして、カケメロの力はきちんと発動してしまいます。

すげえ。

しかも、発動したあとの主人公の周りへの対応のスマートさ。

「みなさん、大丈夫です。僕が飲み物をこぼしてしまったんです」

飲み物…。

 

そうか、アレは飲み物なんだな…。(;´_ゝ`)

 

さ、というわけで主人公の魔力にとらわれてしまった岩原カナちゃん。

電車から降りて、一体どーなるう!?

乞うご期待!!\(´O`)/

 

次のページ:カケメロ 8話~9話 岩原カナ編2 感想とあらすじ

 

⇒ 画像ギャラリー24(試し読みリンク付き)




※半永久的使用する恋するサイト選び!!

関連記事

カケメロ 14話~16話 北倉幹恵編3 感想とあらすじ

カケメロ 12話~13話 北倉幹恵編2 感想とあらすじ

カケメロ 10話~11話 北倉幹恵編1 感想とあらすじ

カケメロ 8話~9話 岩原カナ編2 感想とあらすじ

カケメロ 画像ネタバレ 「カケメロ」の力の正体は?

カケメロ 3話~5話 大森杏子編 感想とあらすじ