胸が鳴るのは君のせい の感想書きました。私のおすすめ漫画

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは、管理人が好みとランキングと勘(笑)で選んで購入した漫画で「特に面白かった」内容のレビューを自己満足で発信しています。

あまりにも感じたままに書いているので、ツッコミところ満載ですが、わたしの購入した漫画の忘備録としても保存しているので、そこはや優しく読んで頂けると幸いでございます。(*^_^*)

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら家族(夫)にバレて消されたと思ってください。(今日が最後かも・・・と思って書いています。)


わたしが夢中になって10回以上読んだ名作5選!!

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?
 評価:★★★★★(5)
文学女子に食べられる
 評価:★★★★★(5)
初エッチの相手は…妹!?
 評価:★★★★(4)
デキちゃうけど、ナカでもいいよね
 評価:★★★★★(5)
俺得修学旅行
 評価:★★★★(4)

※新規タブで開きますので、時間がない人はあとでゆっくり見て下さい。無料試し読みがあります。




「胸が鳴るのは君のせい」はどんな漫画?

つかさと有馬、この1組のカップルの付き合うまでと付き合ってからのお話です。

つかさは人にものを頼まれると「NO」と言えない性格で有馬は人生を要領よく生きている、いわゆる「真逆」なふたり。

つかさが損をしているところを、有馬はいつもバカにしています(笑)

実はつかさはずっと有馬のことが好きで、中学生の頃に告白したけれど「そういう風に見たことがない」と会えなく玉砕。

それでもなお友達として普通に接してくれる有馬につかさはまだ恋心を抱き続けています…

そんな有馬が、つかさの一途なアタックに次第につかさと向き合うようになっていくお話♪

2人の関係がもどかしくて、「あ〜〜!!!」となることも多いです(笑)

 

「胸が鳴るのは君のせい」のあらすじとネタバレ

中2のときに転校してきた有馬のことが気になってずっと片思いだったつかさ。

有馬はほかの女子よりもつかさにいつもちょっかいをかけてくるし、周りにも「付き合っちゃえば〜」なんて言われます。

しかし、いざ勇気を出して告白するとあっさりとフラれてしまいます。

それでもなお有馬のことが大好きなつかさ。

 

高校生になって、有馬の元カノが登場したり(結構悪女)つかさのことを好きになる男の子が現れたり(結構イケメン)色々なことがきっかけで、有馬もつかさのことを気になり始めます。

そしてお互いに好きでも、なかなか付き合うまでにいかないもどかしさ。

やっと付き合うようになったかと思ったら、お互い思ったことをなかなか相手に伝えられずギクシャクしたり…

笑いあり、涙ありの青春ラブストーリーです。

 

「胸が鳴るのは君のせい」の感想、評価

私も片思いをしたことがあるので、つかさの気持ちが痛いほどわかりました;;

片思いだとわかっていても、相手のやさしさや行動にますます好きになってしまう…

そんな女の子の気持ちが素直に描かれた作品です!

あと、有馬がめちゃめちゃかっこいい!!

顔もイケメンだし、同級生の男子よりも大人びていてきちんと筋を通す、まさに「漢・有馬くん」といった感じですかね(?)

さりげなくつかさを助けたり、守ってくれたりスキンシップしてきたり・・・「そんなことやったら反則だよ〜!!」

 

なんてキュン死にする場面が何か所もあります(笑)

 

つかさを好きになってからの有馬はますますイケメン度に磨きがかかり、いつになく積極的になるのですが、有馬の行動にいちいちキュンとしちゃいます!

 

「胸が鳴るのは君のせい」を読もうか迷っている方へ

片思いをしたことのある人だったら絶対に共感できるはず!!

「向こうも○○のこと好きなんじゃない??」とか言われて余計に気になっちゃうし好きになっちゃう!!なんて経験のある方つかさもそんな片思いに悩んで成長していく姿がこの漫画で見ることができますよ!

有馬のことを一途に想うつかさに共感できるでしょう。

また、キュンとしたい人にはおすすめします。

有馬がかっこよすぎて読んでいる私が恋をしそうになったくらいです(笑)

「こんなこと言われたい〜」と読みながらニヤつきたい人、必見!!

 

「胸が鳴るのは君のせい」の無料試し読みが出来ます。

まんが王国で、無料試し読みができるので是非見て下さいね。

「胸が鳴るのは君のせい」で検索すると、無料試し読みのボタンが出てきます。是非見て下さいね(*^_^*)

⇒ まんが王国

 

まんが王国には、じっくり試し読みというのがあります。

登録なしで、数百ページ無料で読めたり出来ます。


※ジャンル別であなたに合ったコミック探しが出来ます。

関連記事

関連記事がありません。