宇宙を駆けるよだかの結末は!?(少しだけネタバレ)

PCの方はこちら

然子ちゃんの負のパワーが止まらない!彼氏のしろちゃんはほんとうに裏切者!?あゆみはこのまま火賀くんを選ぶのか?気になる「宇宙を駆けるよだか」の結末をチラッとだけお教えいたします。

ネタバレしちゃいますので未読の人は先に本編をお楽しみくださいねヽ(*´∀`)ノ

 

泣き顔火賀くんからの微笑みしろちゃんは何を意味するのか。

1巻の表紙はヒロインのあゆみちゃん。

まあここは順当だよね。

2巻は火賀くんの美しい泣き顔で、3巻の表紙はしろちゃんの微笑、いや悲しんでいるのか微笑んでいるのか定かではない表情。

これは結末を暗示しているのでしょうか。

赤月町の独特の地形と光の反射で昼間の空に赤い月が浮かび上がる「赤月の日」。

そのとき入れ替わりたいと強く願いながら自殺する。

それも入れ替わりたい相手に見られながら、という条件で。

いじけた自分にも平等に接してくれた優しいしろちゃんに想いを寄せていた然子ちゃん。

あゆみちゃんに対しては可愛い見た目で苦労知らずの偽善者だと妬ましく思っていたのに、その二人が付き合うと知って絶望していまいます。

本当に身体が入れ替わるかもわからなかったのに命がけであゆみの身体を手に入れましたが、見た目が変わっても然子ちゃんは変われなかった。

 

然子の怒りは宇宙を駆けた!

あゆみの姿でナンパされた然子ちゃんが冷たくあしらうと、「ブス」と言われます。

おーおーナンパしといてそりゃないよね、最低男だ。

然子でもあゆみの姿でもブスと言われたことで、外見を変えても自分が変わらなきゃ意味がないとどこかで気づいてしまったんだよね。

じゃあどうすればいいのよと再び絶望してしまいます。

同じ人とは入れ替わることが出来ないので、しろちゃんの策略で4人順繰りに入れ替わって元に戻るように計画した3人は然子ちゃんを説得しようとしますが溜まりに溜まった然子ちゃんの負の感情がすごくてたいへんです。

個人的には入れ替わりがどうこうよりも、可愛く生まれたあゆみが然子の負の感情にどこまで立ち向かえるのかというところに注目しておりました。

たまたま可愛く生まれてそうじゃない人がどんな嫌な思いをしているのか知りもしなかったのに、募りに募った然子の負のパワーに天然印の素直な性格ってだけで勝てますかね?

3人は美形だから私の気持ちなんてわかんないでしょと然子ちゃんは憤っております。

確かにね、しろちゃんはともかくクライマックスまでキレイ事全開のあゆみちゃんは目に余ります。

「アンタに経験ある!?すれ違いざまに他人にブスって言われたこと!」

外見が変わっても中身が変わらない然子ちゃんの魂の叫びがすごかった。

それに比べてあゆみちゃんはなんだろうな~( 一3一;)

 

最終的には然子ちゃんの怒りパワーがガス切れしたのだと思うの。

今まで友だちもいなかったから、自分の気持ちを他人にぶつけたこともなかったし、真正面から受け止めようとしてくれた人もいなかったんじゃないかな。

だから然子ちゃんの溜め込んでた負の感情は宇宙を駆けて、発散されたのだと思う。

少なくとも命がけで誰かの身体と入れ替わろうなんてパワーはもう残っていない。

面白かったのは誰かの身体に違う誰かが入っていると、ちゃんと違う人間に見えること。

この作者さんは初連載らしいのですが、この人物の表情での書き分けが凄かったです!

真偽のほどは本編でお確かめくださいね。

 

じっくり試し読みが出来ますよ。(*^_^*)

⇒ まんが王国公式サイトへ

「宇宙を駆けるよだか」で検索が必要です。

 

PCの方はこちら

⇒ PCの方はこちら

⇒ 宇宙を駆けるよだか のあらすじと感想

 

関連記事

宇宙を駆けるよだか 無料試し読みを読んでみて♡

宇宙を駆けるよだか のあらすじと感想

宇宙を駆けるよだか 2巻はどうなる?