【女子レビュー】漫画家とヤクザ 吾妻の表情がとてもかわいらしくて好き!

 

漫画家とヤクザの魅力

このお話は学生時代の友達の連帯保証人になった累という漫画家が

やくざからの取り立てで出会うところから始まるストーリーです。

初めは返すまで体の関係を持ったら金利もゼロで待ってやるというところから始まるのですが

お互いにひかれあいお互いをなくしたくないという思いに駆られますが

お互いが不器用すぎてうまく事が運ばないところがとてもかわいらしいお話です。

悲しい過去もお互いに助け合いながら乗り越えていくのが感動もするし

自分もこんな恋愛がしたいなと思わせてくれるような話です。

 

漫画家とヤクザの簡単なあらすじ

漫画家の累は高校時代の迷惑な友人の男から連帯保証人になってほしいといわれ

いやいやなってしまったことでやくざである吾妻と出会います。

借金を返すようなお金もないし、そんな当てもない累は少し待ってほしいというが

吾妻は自分と体の関係を持つことで金利は無制限でゼロにすると言いました。

そこから累と吾妻の関係が始まります。

吾妻は初めは体の関係であった累にとても居心地がいいと感じ、累の家に入り浸っていきます。

累はそんな吾妻を受け入れるが、だんだんお互いに意識し始めお互いのことを失いたくないと思い始めます。

 

漫画家とヤクザのお気に入りの場面

吾妻が実際には担当との打ち合わせだったのですが

それを知らず累と担当編集者が一緒に笑いながらお茶をしているところを見てしまい

累が男と一緒にいることで猛烈に嫉妬してしまいます。

吾妻は累の部屋に行くと力強く累のことを抱きますが

その後それは誤解で担当編集者だとわかり吾妻は累は自分しか知らないとわかりとてもうれしそうにします。

累の体を自分だけが知っているとわかったときの吾妻の表情がとてもかわいらしくて好きなシーンです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.