鬼畜島 あらすじと感想。無料試し読みもあるよ。

 鬼畜島

一度読み始めると、続きが気になって止めることが出来ないそんな作品です。内容は、トラウマになるぐらいかなりグロいです。
ご飯を食べながら読むのがおすすめ(笑)

 オススメ度:
ただし、グロいの大好物の人に限ります。(私は、大好物ですが)

 

鬼畜島 あらすじと感想

ネズミ取りのような罠に引っかかった女性…。
そこに忍び寄る豚の頭皮をかぶった大男(以下豚男)。

豚男は容赦なく、指のすべてを切断し切断した指の断面から生き血を吸う。

そして、当然のごとく頭の中央にナタを振り下ろし、脳をかち割り、また指先から生き血を吸う。

そして、その豚男はある集団を目撃します。

それはM大学の廃墟研究サークルのメンバー。
彼らはサークルメンバーの東山先輩のクルーザーに乗って、無人島の廃村探索に赴きます。

 

あ~もう、金●一とかだと、殺人事件が必ず起こるパターンですね(;´▽`A“

その無人島の名前は「菊池島」のはずが…、キューグル(グーグルのことでしょうね)
検索に引っかからない。

 

一同は何かがおかしいと思い島を離れようとします。
しかし、主人公の高久は

誰かがたき火をしているのを目撃!

スーツを着ていたため、サークルメンバーの東山先輩は「遭難者」と思い、近づいていきます。

しかし、そこにいたのは、遭難者ではなく、ハンマーを持った豚男でした。

 

間髪入れずに、豚男はハンマーを先輩の頭に振り下ろしました。
幾度も、幾度も。
目はつぶれ、顔は腫れあがり、頭は割れ先輩の死は決定的です…。

 

頭に打ちつけられるハンマーの音が生々しく響く中、主人公の高久たちはただ茫然と
その光景を見ていることしかできませんでした…。

 

果たして、この豚男の正体はなんなのか…。
なぜ、ここにいるのか。
そして、地図にないこの島は一体何なのか。

 

主人公たちの悪夢のような日々は始まったばかりです…。

 

 

【無料試し読みはこちら】

  まんが王国

  ※「鬼畜島」で検索!

 

 

 

エッチ漫画選びに疲れたあなたに!

わたしが毎日ランキングを確認している漫画サイトです。

⇒ ハンディコミック【オトナ向けTOPページ】

※試し読みだけでもヤバイ内容があるので無料で楽しめます。

 

 

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.