復讐教室 あらすじと感想 (無料試し読みもあるよ♪)

復讐教室 あらすじ

「私の毎日は地獄だった。暴行、恐喝脅迫、集団無視、そして…」

主人公の藤沢彩菜は、白咲中学校に通う中学3年生。

彼女の毎日は“いじめ”の繰り返しでした…。

 

はじめは、抵抗していましたが、次第に感覚がマヒし、痛みや苦しみを感じなくなりました。

彼女は耐えることに慣れてしまったのです。

藤沢ェ…(ノ△・。)

 

とある日の道路にて。

彼女はある人物に背中を押され交通事故に遭います。

幸い彼女は、運よく全治1週間の怪我で済みます。

 

しかし、一歩間違えれば確実に待っていたのは「死」です。

…なぜここまでされなければならないのだろうかと思うも、

すぐに彼女はこう考えます。

 

「理由なんて…ない。たまたま“悪意“と言う網にかかってしまったのが私…。」

最後には“狩られる”。であれば…。

 

そして、彼女は決意します。

「お前たちに復讐する!全員狩るまで終わらない」、と。

このとき、すでに藤沢は復讐の鬼の目になっています。

実際に遭遇したらかなりビビります。( ̄□ ̄;)

 

彼女は、自分をいじめていた者それを見て笑っている者、見て見ぬふりをしている者、すべてに復讐することを誓いました。

残虐かつ綿密な計画の下、彼女の復讐劇が今始まります。

 

この漫画は、藤沢の計画的な復讐と復讐される人間それぞれのドラマ、クラス同士の人間関係が特徴的です。

特に藤沢の復讐計画は、人物に特性行動パターンを分析し、実行されており、藤沢の観察力に感心してしまいます。(゚д゚;)

 

果たして、藤沢は復讐をすべて成し遂げることができるのか・・・

それは読んでからのお楽しみです☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.